birdきょうのつぶやき@digitune

きょうのつぶやき@digitune

2年ぶりくらいに眼鏡の度を上げた。前回はフレームそのままでレンズだけ代えたんですが、まだまだ使えるフレームではあったものの、眼鏡店の方の僕くらいの度数になると破損した時のリスクヘッジも考えておいた方が良い、という台詞に負けて今回はフレームも交換。こちらは5年ぶりくらい。 (11:12 Twitter Web Appから・詳細)

前々回から遠近両用(累進レンズ)を使っているのですが、またずんどこ度が進んでしまったため、これまでのエントリーグレードのレンズでは賄いきれなくなり今回からミッドレンジのレンズに。屈折率は同じ=素材は同じなので、高いレンズって何が違うんだろ?と思っていたんですが、使ってみて納得。 (11:12 Twitter Web Appから・詳細)

カメラのレンズと同じで、コーティングが違うんですね。まず前回のレンズでもある程度の防汚コートはされていたはずと思うんですが、今回のものの方が「めがねのシャンプー」をかけたときの表面を流れるなめらかさが段違い。あと色収差の量も断然減りました。これはありがたい。 (11:12 Twitter Web Appから・詳細)

また累進レンズは視野の左右下側に遠くも近くも見にくいびみょ~なエリアがあるのですが、その割合がずっと減った感じ。これはレンズのデザイン由来なのかな。ちなみにレンズメーカーはニコン。 (11:12 Twitter Web Appから・詳細)

image 1 image 0 フレームも良い値段のものを買ってしまった(今回はデンマークのLINDBERGではなく国産のY CONCEPTというフレームにしました。こんな形 https://www.y-concept.jp/products/yc-series/yc-21/ )ので結構痛い出費ですが、まぁその分と… https://twitter.com/i/web/status/1226690250933587968 (11:12 Twitter Web Appから・詳細)

次回また度が進んでしまったら、結構お気に入りだった一つ前のフレームのレンズだけを交換する形にしようかな。 (11:12 Twitter Web Appから・詳細)