birdきょうのつぶやき@digitune

きょうのつぶやき@digitune

image 0 あとで読む>『辺境の電脳たち』Contents - http://www.asahi-net.or.jp/~kx3m-ab/henkyo/deno.html (05:50 PlumeforAndroidから)

帰国したはいいがバスが出るまでまだ1時間以上… (05:59 PlumeforAndroidから)

深夜便だとぐーぐー寝ちゃうので映画の本数は少な目。今回は往路一本、復路二本(ただしどちらも途中で寝落ち)、でした。 (06:03 PlumeforAndroidから)

往路の一本はリュック・ベッソンの「LUCY」。SFだということだし、草薙素子役に決まったというスカジョ(フルに書くとスカーレット・ヨハンソンなのになんで略すとスカジョなんだ。まぁ綴りがそうだからだけど)にも興味があって見てみた。 (06:06 PlumeforAndroidから)

リュック・ベッソンらしくカーチェイスもあったし、お気軽作品としてはまぁ楽しめた。スカジョってああいう感じなんだな。確かに案外素子さん役ハマってるかも。しかし今時「人間は脳を数パーセントしか使ってない」という都市伝説を中心テーマに据えるのはどうしても(笑)って感じになっちゃうなぁ。 (06:13 PlumeforAndroidから)

復路は邦画縛りなので、まずは実写版の「ルパン三世」から<え。これ、劇場公開時スゴい悪評が立っていたから一体どんなんだと怖いもの見たさもあって見てみたんですが、全然フツーだった。いや、決して面白くは無かったんですけど(汗、ダメっぷりが突き抜けてるわけでもないんだな、と。 (06:18 PlumeforAndroidから)

小栗君や玉鉄、綾野ゴーの主役三人衆はかなり良いイメージなのだけれど、無駄に尺が長いこととか、本編中、ずっと英語パートと日本語パートが混在しててまどろっこしい作り、肝心の脚本の出来、やたら小ネタを挟む点など、映画としての外枠がガバガバな印象。アクションも邦画の枠を超えてない印象。 (06:24 PlumeforAndroidから)

あと個人的に黒木メイサはあんまり不二子ちゃんというイメージじゃないんだけど、それより何より確かこの撮影中って妊娠中じゃなかったっけ、そんなに動いて大丈夫なのか、と全然別の意味でやたら心配してドキドキした。余計なお世話ですね。はい。 (06:27 PlumeforAndroidから)

最後の一本は「るろうに剣心京都大火編」だったんだけど、これ映画一本目じゃないんですね?るろ剣はマンガもあんまり好きじゃないから読んでないのだけれど、佐藤健くんはハマり役な気がする。これ、剣心がシシオの部下の神木君に負けるとこまで見て寝落ちしちゃったからオチが分からん(汗。 (06:31 PlumeforAndroidから)

羽田のアライバルラウンジが廃止になってもう一年以上経つけど、シャワーだけなら到着ロビーのシャワールームで無料で浴びられることを今回初めて知った(^^;。 (06:44 PlumeforAndroidから)